YouTube / 動画 PR

【こども向け】英語で色を覚えるなら、このYouTube Colour Blocks (カラー ブロックス)

記事内にPRを含む場合があります。 また、当サイトは貴サイトやSNSからのリンクOKです。記事引用の際は、引用元として記載し当サイトへのリンクをお願いします。

我が子が最初に喋った言葉は『パーポー (ムラサキ)』でした。

色は至る所にあるし、赤ちゃんから触れることが多くて、覚えやすいですよね。その色を英語で学べるYouTube、息子のお気に入りご紹介します

色を英語で覚えれるオススメ YouTube

Colour Blocks (カラー ブロックス)

『colour blocks(カラーブロックス』とは、イギリスのテレビ局である「BBC」の子供向けチャンネル「CBeebies」で放映されている、子供向けアニメです。

世界的なカラーの専門家、こどもの専門家の助けを借りて慎重に作成されたYouTubeチャンネルです。

BAFTA (英国アカデミー映画賞)を受賞したアニメーションスタジオの【ブルーズプロダクション】により作られています。

引用: YouTubeチャンネルより

お話に沿って色を教えてくれるし、歌も途中で入ってくるので、こどもは飽きません。

このチャンネルでは色の名前を覚えられるのはもちろん。

『赤と青混ぜたらムラサキになる』という色の仕組みまで教えてくれます

キャラクターの設定もしっかりしており、例えば黄色のキャラクター色のイメージどうり、明るく幸せキャラクターになっています。

しかも3Dのアニメーションのクオリティがすごく綺麗です。

カラーブロックスでオススメの動画

そのカラーブロックスの中でもオススメな動画を紹介します。

Colourful songs!

この回は青、緑、オレンジ、ムラサキ、赤、黄色を歌によって教えてくれます。

だいたい1つの色についての曲は3分ぐらいになっています。

Shades of You

白と黒は最初の方いなかったのですが、2023年の2月ごろから出始めました。

この回は色の濃さのお話です。

白と黒が緑に混ざったりすると、濃いみどりだったり薄いみどりになるというお話です。

Many mixes make brown

https://www.youtube.com/watch?v=aMv7_ygxGoo&t=23s

色んな色を混ぜて茶色を作るというお話。

ソラ母

茶色を作るのに色んな方法がある良いうのが、子どもにわかりやすく伝わっていい。

公式サイトからは塗り絵もダウンロードできます

公式サイトからカラーブロックスのPDFの塗り絵を無料でダウンロードできます。

Colour Blocks 公式サイト

まとめ

今回は英語で色を覚えるのに役立つYouTubeのColour Blocks (カラーブロックス)の紹介しました。

色に特化した子供向けYouTubeは、あまりないのでオススメです。